初代主人公キャラクターが誕生するまでには、多数の試作キャラが開発された。
scene_161005-212
既存のパーツ素材などで簡単にモデリング試験をした試験型モデル(ポージングやパンツ、靴などのパーツ、ポリゴン形状を確認)

 





scene_161005_1001
男性キャラクター、建物などを追加して製品化に向けての試験レンダリング
ただし、このレベルでの製品化は到底難しいと判断される








001
1対7プレイを想定した試験
ソフビ人形みたくとても奇妙・・・。










レンダリング試験を繰り返し、同時に主人公キャラクターの開発を行なった。
そして初期A案の少女キャラクターが誕生した。
test002
このシーンは後に「ブルマとア〇ルは最強と・・・」で使われるが、少女キャラがNGを喰らい修正。肌の質や顔等を見直し。









「中出し保健室」で初登場した坂西結捺キャラでようやくGOサインがでる。
W11GKN_title撮影1









W11GKN_title2 「ごっきゅんランド」の紹介画像の撮影をする坂西結捺キャラ








彼女に関して、サークル内からネガティブな意見はなかったが、5作終了したところで次の主人公キャラクターを待望する意欲が高まり、予てから開発をしていたキャラクターの選定、調整を行なうこととなった。
W11ADR_001
第5作の完成後、次の作品の制作に入っていた結捺だったが作品が発表されることなく引退となる。










Q20SMR_001
Q20SMR_002 結捺の後継候補としてかなり最終段階まで残ったキャラクター。






















検討の結果、AVなどの実写にはない世界観を表現するという当初の目的を熟慮し、炉系へのシフトを決断。結捺キャラも若い魅力を強調していたが、さらに可愛らしさを押し出した「矢島彩月」キャラを完成させた。